時計のメンテナンスについて

ブランド時計の買取をしてもらうのであれば、出来るだけ高く時計買取してもらいたいと誰もが思うことでしょう。そのためには日頃から時計のメンテナンスをしておくことが大切です。

腕時計は使用中は衣類や肌と接触するので、どうしても汗や汚れがついてしまいますし、日光などもあたってしまいます。よって使用後に手入れをせずにそのままにしておくと状態が悪くなってしまうので、きちんとキレイにしてからケースにしまうクセをつけましょう。

また入れるケースも汚れや汗がついているとサビなどが発生することもあるので、ケースもキレイな状態に保つように心がけましょう。

また、高級な機械式時計やアンティーク時計であれば定期的にオーバーホールが必要です。オーバーホールとは時計を分解してチェックして、洗浄や注油、必要であれば修理などを行うものです。特別調子が悪いという場合ではなくても3年から5年くらい経ったらオーバーホールを行うのがおすすめになります。

このように日頃の手入れと定期的にオーバーホールを行うことによって時計を長持ちさせることが出来ますし、いつまでもキレイな状態に保たせることが出来るようになります。

時計の状態がキレイであれば、時計買取してもらう際にも査定額が上がることが期待出来ます。また、オーバーホールをした記録はきちんと保管しておいて、時計買取の査定を受ける際にその記録も提出すると査定の評価が上がることが期待出来るので記録はしっかりと保存しておきましょう。